エスフジ シニアの手習い・自転車

アクセスカウンタ

zoom RSS New Bikeです

<<   作成日時 : 2017/12/31 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新しいBikeを買いました。ロードバイクとしては、1台目のKlein Q Elite、 2台目のWilier CentoUno に次いでの3台目 Trek Domane です。 
Kleinが2004年4月、Wilierは2009年6月、Domaneが2017年12月。この間にBikeの進歩も大きく特にエンデュランス系の快適仕様は進んでますね。 これが自分のBike人生で最後になると思っているので、欲しかった・試したかった機能は全部投入した仕様です。


画像 TrekのHPではこんな感じです。 カラーを好きな色にしようとも考えたけど、色を変えるだけで結構なお値段なので初期のカラーの中から無難なものを選択。 

フラットマウントの油圧ディスクブレーキ、スルーアクスル、Di2、前後にDomane独自の振動吸収機構、太めのタイヤ。
サイコンにGarminのEdge820Jを付けて電気系統の連携もばっちり。

画像Wilierと並べるとフレームの形がだいぶん違うことが分かる。Wilierを乗るとトップチューブの存在感が強く硬い印象だけど、Domaneは感じない。BBの位置がDomaneの方が約2cm低く低重心に感じます

画像一通りの装備を取り付けた。サドルだけは、付いていたボントレガーから愛用のSMP Stratosに交換。 このシートポストが取り扱いが面倒で、サドルのポジション合わせが難しい。


画像画像ディスクブレーキは、リムブレーキと比べて特段の違和感は感じない。よく効くという感じもない。雨の下りだと違うのか、そのうち試す機会もあるでしょう。 あと、リアのブレーキが止まる寸前に大きく鳴く。ショップでバッドを見てもらったけど治らず。しばらく様子見です。


画像ハンドル回り。 ブルべの時はさらにeTrex30を付けて、ライトをもう一灯付ける予定。さらにロングの時はフロントホイールをハブダイナモにしてEdge820Jの下に専用ライトを付けるつもり。


画像サドルバッグには、替えチューブとパンク修理キット、小さなインフレータ、ビニールテープとナイフ、ミニツール、ポジション設定用に5Nmのトルクレンチなど。ブルべ200Kではもう一つ大きなバッグに交換。


画像トップチューブバッグとして、トゥピークを設置。モバイルバッテリーをここに置いて、GPSやDi2のバッテリーを充電する予定。


画像外装のDi2no時は替えバッテリーをサドルバッグに入れて走ってたけど、このBikeは内装バッテリーでダウンチューブにバッテリーが入ってる。バッテリー交換ができないので充電しながらの走行になり、充電ユニットもこのバッグにいれる必要もあるので大きめのバッグにしてみました。


300K位を走っての感想としては、
・ブラケットの先端は細いけど、付け根に油圧のポンプの出っ張りがあり、長時間のブレーキングで親指の付け根が痛くなる。持ち方を工夫して回避できるか?
・タイヤやフレームなどの総合的な振動対策により、乗り味はマイルド。路面に吸い付く感じ、以前マドンを試乗した時は硬くて軽いというイメージだったけど、こちらは軽いけど柔らかめ。振動の角が丸まってる。
・ハンドルバーが少し太め、Wilierに付けているFSAが気に入ってるので様子を見て変えるかも。
・タイヤもボントレガーの28cがついてる。G4000に変えた方がいいかな?
など。

シートポストが緩みがちなため、まだポジションがちゃんと出せてないし、Wilierとも乗り比べて微調整しないといけないけど、今は寒いね〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
New Bikeです エスフジ シニアの手習い・自転車/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる